HOMEおもてなし > おもてなし活動

おもてなし活動 私たちは青森県・北海道道南地域を訪れたお客様に、心のこもった対応を通じて、何度も訪れたい気持ちをもって欲しいと目指しています。
ここでは青森県・北海道道南地域で「おもてなし」に取り組んでいる人物と取組内容や「おもてなし」にかける思いをご紹介します。

青森市


青森県・函館デスティネーションキャンペーンオープニングに合せたおもてなしの実施 <時期:2016年7月1日(金)>

青森県・函館デスティネーションキャンペーンオープニングセレモニーとJR東日本大人の休日倶楽部趣味の会フェスティバルin青森・函館に合せて、ねぶたの家ワ・ラッセ西の広場で、青森へお越しいただいたお客様をお出迎えと青森ならではの食メニューで観光客の皆さんをおもてなししました。むつ湾に育まれたおいしい「青森ほたて貝焼き振る舞い」(協力:青森市漁業協同組合、後潟漁業協同組合)、青森ならではのご当地おでん「青森生姜味噌おでんの販売」(協力:青森おでんの会)、青森県産のりんご果汁100%の「蛇口からりんごジュースの振る舞い」などで青森の食の魅力をPRし、ご来場いただいた多くの方に大好評でした。

  • 青森県・函館デスティネーションキャンペーンオープニングに合せたおもてなしの実施
  • 青森県・函館デスティネーションキャンペーンオープニングに合せたおもてなしの実施
  • 青森県・函館デスティネーションキャンペーンオープニングに合せたおもてなしの実施
  • 青森県・函館デスティネーションキャンペーンオープニングに合せたおもてなしの実施
▲画像クリックで拡大


リゾートあすなろ下北号でのねぶた囃子のおもてなし
<時期:2016年7月~9月の土・日曜日(一部除外日あり)>

下北半島からむつ湾の景色を眺めながら走るリゾートトレイン「リゾートあすなろ下北号」。青森県・函館デスティネーションキャンペーンに合わせて、リゾートあすなろ下北号車内(浅虫温泉→青森間)で、ねぶた囃子の演奏をお楽しみいただけます。広々とした車内で、青森市ならではのおもてなしをお楽しみください。浅虫温泉~青森間の車内では、青森ねぶた「幸運の鈴」もプレゼントもあります♪

  • リゾートあすなろ下北号でのねぶた囃子のおもてなし
▲画像クリックで拡大


新幹線のお出迎えの実施 <時期:2016年7月1日(金)>

青函DCオープニングに合せて、JR新青森駅では、青森市立新城小学校の児童の皆さん、青森保育所の園児の皆さん、JR新青森駅、青森市と青森市観光キャラクターの「ハネトン」と一緒に新幹線のお出迎えとおもてなしを実施しました。パンフレットや青森ねぶた「幸運の鈴」のプレゼント、小学生の皆さんが作った手作り金魚ねぶたのプレゼント、横断幕・フラッグでお出迎えやのほか、「ようこそ青森へ!!」の元気いっぱいのかけ声とともに観光客の皆さんをお迎えしました。

  • 新幹線のお出迎えの実施
  • 新幹線のお出迎えの実施
▲画像クリックで拡大


新青森駅への「だるまりんごねぶた」の装飾 <時期:2016年6月28日(火)>

JR新青森駅新幹線改札内コンコースでは、青森市ならではお出迎えとして、青森市を代表する「りんご」と「ねぶた」を縁起物のだるまで一つにした「だるまりんごねぶた」(制作:青森ねぶた若手製作集団「ねぶた屋」)による装飾を行っています。かわいくもあり、かっこよくもある「だるまりんごねぶた」が観光客の皆さんをお迎えします。制作したねぶた師ごとに異なるだるまの表情もお楽しみください。

  • 新青森駅への「だるまりんごねぶた」の装飾
  • 新青森駅への「だるまりんごねぶた」の装飾
▲画像クリックで拡大


青森市観光ナビゲーションアプリ『青森市観光ナビ』 <時期:通年>

観光客の皆さんや市民が気軽に利用できる「青森市観光アプリ」(無料)。青森市内の観光スポットやイベント情報、目的地までの電車やバスなどの公共交通のルートや乗換情報などの検索ができます。日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)の5言語にも対応しています。アプリならではのスタンプラリーを楽しく利用して、もっともっと青森市観光を満喫しましょう!お役立ち情報満載の「青森市観光アプリ」を是非ご活用ください。

  • 青森市観光ナビゲーションアプリ『青森市観光ナビ』
  • 青森市観光ナビゲーションアプリ『青森市観光ナビ』
▲画像クリックで拡大


浅虫温泉着地型パンフレット完成! <時期:通年>

青森県・函館デスティネーションキャンペーンに向けて、青森市を代表する温泉地である浅虫温泉の魅力の発信とおもてなしを目的に、浅虫温泉着地型パンフレットを制作しました。このパンフレットは、主に浅虫温泉宿泊者向けとして、浅虫温泉をもっと楽しんでもらうことができるように、浅虫温泉の観光施設・グルメ・イベント等の観光情報を提供するため、浅虫温泉の旅館・ホテル、観光案内所、観光施設等に設置しています。

  • 浅虫温泉着地型パンフレット完成!
  • 浅虫温泉着地型パンフレット完成!
▲画像クリックで拡大


弘前市


「白神の魚」晩酌セットのご提供 <時期:2016年7~9月>

<「白神の魚」晩酌セットのご提供>
 世界自然遺産白神山地のブナ林から、豊富なミネラル分を含んだ水が流れ込む青森県西海岸や赤石川、岩木川で獲られる魚介藻類が「白神の魚」です。 DC期間中は、「白神の魚」を使用した魚料理とお飲み物の、晩酌セットをご提供します。参加店については、ホームページまたはfacebookでご確認ください。
※各店舗で提供メニューが異なります。
①1,000円セット(飲み物1品+魚料理1品)
②1,500円セット(突出し+飲み物2品+魚料理1品)
(①か②、①のみ、②のみ:提供店により選択方法が異なります)
※時化等により魚の入荷が無い場合はご了承ください。
HP: shirakaminosakana.com facebook 白神の魚普及実行委員会
問:白神の魚普及実行委員会 0172-31-2136

  • 晩酌 BLOCK
    「白神の魚」晩酌セットのご提供
  • 晩酌 あいや
    「白神の魚」晩酌セットのご提供
  • 晩酌 ぼんしゃん亭
    「白神の魚」晩酌セットのご提供
▲画像クリックで拡大


傘の無料貸し出し <時期:通年(さくらまつり期間中を除く雨天時)>

弘前公園を訪れるお客様に対し、無料で傘の貸し出しを行っています。
弘前公園内各門に設置してありますので、園内散策の際にご利用ください。
※各門に設置されている傘が不足している場合は、公園緑地課へお問い合わせください。
問:弘前市公園緑地課 TEL:0172-33-8739

  • 傘の無料貸し出し
▲画像クリックで拡大


誕生!「白神めぐみ寿司」

 「白神」という言葉を聞くと、世界自然遺産「白神山地」の自然豊かで神秘的な雰囲気がイメージできるのではないでしょうか。
自然豊かな白神山地は、たくさんの食を育む場所でもあります。古くからマタギ文化が根付いているように豊かな食の恵みをもたらす山であり、ブナ林が蓄えた雨水が川を下って豊かな海を育んでいます。
そんな白神山地の恵みをうけた津軽の食材を味わうことができる新しい食のブランドとして、弘前市で「白神めぐみ寿司」が誕生しました。

お米を使うこと、地場食材を使うことなど統一コンセプトのもと、従来の寿司にとらわれない自由な発想で、弘前市内の7店舗の飲食店にてそれぞれのシェフが創作するオリジナルメニューです。

●白神めぐみ寿司HP
h-tekuteku.com

●お問い合わせ先
一般社団法人CSV開発機構 TEL:03-5777-3227

  • 誕生!「白神めぐみ寿司」
  • 誕生!「白神めぐみ寿司」
  • 誕生!「白神めぐみ寿司」
▲画像クリックで拡大


黒石市


黒石こみせまつり <時期:2016年9月17日(土)・18日(日)>

 黒石の歴史情緒あふれる中町こみせ通りを会場に、津軽三味線やよさこいソーランなどが披露される。ご当地グルメの黒石やきそばなども出展され、多くの人でにぎわいます。

  • 黒石こみせまつり
▲画像クリックで拡大


虹の湖ロックフェスティバル <時期:2016年8月21日(日)>

 ロックで揺さぶれ!黒石の夏!!
 道の駅虹の湖公園を会場に行われる野外フェス。4年目の今年は20組を超えるバンドが出演。短い夏の終わりを盛り上げます。

  • 虹の湖ロックフェスティバル
▲画像クリックで拡大


黒石よされ <時期:2016年8月15日(月)~8月20日(土)>

 日本三大流し踊りの一つとされており、8/15・16に行われる流し踊りでは、揃いの衣装を身にまとって連日2,000人もの踊り子が沿道を練り踊ります。また、回り踊りでは沿道の観客も巻き込んでの乱舞となり、踊り手と観客の心を一つにするものとして、多くの人を楽しませています。

  • 黒石よされ
▲画像クリックで拡大


黒石ねぷた祭り <時期:2016年7月30日(土)~8月5日(金)>

 50台を超すねぷたが街を練り歩きます。県内の数あるねぶた・ねぷたまつりの中でも珍しく人形ねぷたと扇ねぷたが入り交じり、風情ある街並みを背景に運行するさまは壮観です。
 7/30と8/2の合同運行では参加団体のねぷたが一堂に会し、黒石の夏の夜を彩ります。

  • 黒石ねぷた祭り
▲画像クリックで拡大


クラシックカークラブ青森ミーティングinこみせ <時期:2016年7月17日(日)9:00~15:00>

これまでで最大級の250台もの旧車・名車が大集合!  情緒漂うこみせ通りの景観とクラシックカーが融合する光景は旧車ファンでなくても楽しめます。また、イベント終盤にはクラシックカーによるパレードもあります。最近ではなかなか見られなくなった旧車が颯爽と走るさまは必見です!

  • クラシックカークラブ青森ミーティングinこみせ
▲画像クリックで拡大


八戸市


蕪島応援号乗車のお客さまへのおもてなし <時期:2016年7月17日>

 青森県・函館デスティネーションキャンペーンに合わせて運転した臨時列車「蕪島応援号」に乗車いただいたお客さまへ、観光パンフレットやノベルティを配布いたしました。
 ノベルティは、蕪島がプリントされたせんべいや、地元種差小学校の児童が発案し商品化したお菓子など、地元ならではのものを用意し配布いたしました。
 また、初めて蕪島を訪れたお客さまにも蕪島の概要を知っていただけるように、希望者を募り、蕪嶋神社や鮫観光協会の協力のもと、蕪島周辺のガイドも行いました。

  • 蕪島応援号乗車のお客さまへのおもてなし
  • 蕪島応援号乗車のお客さまへのおもてなし
▲画像クリックで拡大


八戸市内ホテルでのノベルティの配布 <時期:2016年7月2日~7月中旬>

 青森県・函館デスティネーションキャンペーンで八戸市に来てくださったお客さまへのおもてなしとして、八戸市内のホテルにおいて、簡単なアンケートとノベルティの配布を行いました。
 ノベルティは、「蕪島」や「種差海岸」がプリントされたせんべいや八戸市内で給水されている水をペットボトルにした「八戸水物語」から選べるようにし、八戸市に滞在した思い出となるようなものを配布しました。

  • 八戸市内ホテルでのノベルティの配布
▲画像クリックで拡大


オープニングイベント <時期:2016年7月2日(土)>

青森県・函館デスティネーションキャンペーンの開幕に合わせ、八戸駅において、オープニングイベントを開催しました。
本物のイカを使い作成した、イカ風鈴の音が響く中、JR八戸地区社員やグループ会社、八戸市観光関係者などが集まり、横断幕でのお出迎えや、ノベルティの配布を行いました。

  • オープニングイベント
  • オープニングイベント
▲画像クリックで拡大


三沢市


MISAWA NIGHT HOPPERS(ミサワナイトホッパーズ) <時期:通年>

テーマ:魅惑の夜の街歩き
米軍三沢基地周辺にある三沢アメリカンバーを巡るツアーガイド
こんな方にお勧め
・三沢で飲みたいけど・・・
「英語話さなきゃダメ??」
「円ではなくてドルで払うの???」
「ただただ怖い・・、一人じゃ入れない(*_*;)」
その諸問題を解決するのが、MISAWA NIGHT HOPPERS!!

国際交流を楽しみながら三沢の夜を御案内いたします

  • MISAWA NIGHT HOPPERS(ミサワナイトホッパーズ)
  • MISAWA NIGHT HOPPERS(ミサワナイトホッパーズ)
  • MISAWA NIGHT HOPPERS(ミサワナイトホッパーズ)
  • MISAWA NIGHT HOPPERS(ミサワナイトホッパーズ)
▲画像クリックで拡大


東通村


ひがしどおり来さまいフェスタ2016 <時期:2016年8月27日・28日>

●来さまい宵祭 <時期:8月27日>
●よさこい下北 <時期:8月28日>

下北の夏を締めくくるイベント。「東通牛の丸焼き」や「東通十割そば」などの地元グルメが軒を連ねます。「よさこい下北」では下北内外のチームが通りを流し、国の重要無形民俗文化財指定の「能舞」をはじめとした「郷土芸能特別公演」、プロ顔負けの芸に一見の価値ありの「東通村演芸会」など、東通村の特色溢れる食と文化に浸る2日間。

  • ひがしどおり来さまいフェスタ2015
  • ひがしどおり来さまいフェスタ2015
  • ひがしどおり来さまいフェスタ2015
  • ひがしどおり来さまいフェスタ2015
  • ひがしどおり来さまいフェスタ2015
▲画像クリックで拡大


DCスタート記念 尻屋埼歓迎イベント
<時期:2016年7月1日(金) 16:20~16:40>

去る7/1(金)に、DCの機運を高め、盛り上げを図るため、東通村観光協会と共に、尻屋崎にて歓迎イベントを実施した。観光ルートバス「ぐるりんしもきた」の運行に合わせ、16:20~16:40に実施。来場者8名に対し、「ぐるりんしもきた」「村観光パンフレット」「寒立馬ポストカード」及び観光協会からの記念品をプレゼントした。当日は風が強い中、観光客たちはそびえる尻屋埼灯台や湿地で草を食む寒立馬を見て楽しんでいた。

  • DCスタート記念 尻屋埼歓迎イベント
  • DCスタート記念 尻屋埼歓迎イベント
▲画像クリックで拡大


大間町


●大漁祈願祭・天妃様行列 <時期:7月18日>
●稲荷神社例大祭 <時期:8月8日~11日>
●大間町ブルーマリンフェスティバル2016<時期:8月14日>
●春日神社例大祭 <時期:8月16日~18日>
●日曜日はマグロだDAY <時期:9月の毎週日曜日>

●旗ふりウェルカム活動 <時期:4月~>
津軽海峡フェリー「大函丸」を使って大間に訪れる観光客に対し、旗ふりを実施。

●観光地の清掃活動 <時期:4月~>
大間崎などの環境美化のため、草刈りやごみ拾いを実施。

●花いっぱい事業 <時期:6月~>
DC本番に向けて花をプランターに植え、大間崎や大間フェリーターミナルに設置し、観光客をお出迎えをする。

  • 大間町
▲画像クリックで拡大


平川市


北限に観る蓮の花まつり <時期:2016年7月24日(日)~31日(日)>

猿賀神社の鏡ヶ池に咲く「和蓮」は、群生地としては日本の北限といわれ、淡いピンク色の花が見る人の心を癒します。
まつり期間中は、ねぶた囃子披露やまち歩きガイド、ミニコンサートなど様々なイベントが開催されます。

  • 北限に観る蓮の花まつり
▲画像クリックで拡大

平川ねぷたまつり <時期:2016年8月2日(火)・3日(水)>

大小様々なねぷたが約30台出陣します。
団体によって異なるテンポの良い囃子と趣向を凝らした踊りが特徴です。まつりのトリは高さ11mの「世界一に扇ねぷた」が出陣し、まつりを一層盛り上げます。その勇壮な姿は一見に価値があります。

  • 平川ねぷたまつり
▲画像クリックで拡大


田舎館村


どろリンピック <時期:2016年7月24日(日)>

田舎館村総合案内所「遊稲の館」周辺水田で行われます。田んぼに水を張った特設会場で、昔懐かしい農具を使用した型ころがし競争やビーチボール取りなど大人、子どもの部、幼児の部で各種競技を行います。

主催「田園」未来を築く会

  • どろリンピック
  • どろリンピック
▲画像クリックで拡大


風間浦村


ゆかい村海鮮どんぶりまつり、元祖烏賊様レース、ゆかい村灯りを燈すプロジェクト

【ゆかい村海鮮どんぶりまつり】
 期間: 2016年7月30日(土)
 内容: 下風呂温泉郷ゆかい村海鮮どんぶりまつり実行委員会が主催し、下風呂漁港にて、物販、ステージイベント及び花火大会を実施します。

【元祖烏賊様レース】
 期間: 2016年7月中旬 ~ 2016年10月末(未定)
 内容: 1周20mの水槽で活イカを泳がせ勝敗を競うレース。イカのオーナーとしての参加と、イカの順位を予想する投票でも参加できるイベントです。出走したイカはオーナーへプレゼントされます。

【ゆかい村灯りを燈すプロジェクト】
 期間: 2016年7月10日頃 ~ 10月11日頃
 内容: 期間中、下風呂温泉郷本通りを提灯で彩る。また、平成28年8月13日(土)に、下風呂温泉郷盆踊り大会を行います。(当日、夕方からメイン通りを歩行者天国とし、盆踊りやカラオケ大会を行う予定です。)

  • ゆかい村海鮮どんぶりまつり、元祖烏賊様レース、ゆかい村灯りを燈すプロジェクト
  • ゆかい村海鮮どんぶりまつり、元祖烏賊様レース、ゆかい村灯りを燈すプロジェクト
▲画像クリックで拡大


藤崎町


ながしこ合同運行、津軽花火大会、まち歩き

●ながしこ合同運行<時期:2016年8月7日>
ながしこは藤崎町独特の七夕行事です。
大正12年の町制施行を記念して始められました。戦争と同時にいったん行なわれなくなりましたが、昭和42年の公民館創立20周年を記念して復活し、現在も各町内から趣向を凝らした山車が町を練り歩きます。
通常、山車の上には人形や張り子などが乗っていますが、ながしこの場合は人間がポーズを作って台車に乗る「生き人形」が特徴で、県内でも大変珍しい行事です。

●津軽花火大会<時期:2016年8月20日>
白鳥ふれあい広場を会場に、夏の思い出を込め流される幻想的な灯籠流しの後、約5,000発もの花火が打ち上げられます。
色とりどりの大輪の花が津軽平野の夜空を焦がします。
華やかさの中に感傷的な趣が潜む、中南津軽で最大規模の花火大会です。

●まち歩き<時期:2016年7月~9月>
藤崎町のお店やまち歩きポイントを巡るスタンプラリーです。
 “まち”を歩き、“食べて”歩き、景品を当てよう!

  • ながしこ合同運行、津軽花火大会、まち歩き
  • ながしこ合同運行、津軽花火大会、まち歩き
▲画像クリックで拡大


西目屋村


暗門祭 <時期:2016年9月18日(日)予定>

白神山地の入口・アクアグリーンビレッジAOMONで開かれる暗門祭は、西目屋最大のイベントです。白神の山の恵みを感謝し山での安全を祈願する暗門神社神事式に始まり、白神トレッキングツアーや丸太伐り競争、登山ばやし競技会コンサートなど多種多彩な催しが繰り広げられます。また、会場には村民作りの売店が並び、旬のきのこや山菜、郷土料理などが販売されます。

  • 暗門祭
▲画像クリックで拡大


板柳町


りんご灯まつり <時期:2016年8月9日~11日>

豊作を祈るまつりで、メインとなる「りんご山笠」の提灯は、たわわに実るりんごを表しています。
力強い大太鼓のリズムとともに「ノレサ!ソレサ!」の掛け声が真夏の夜空に響きわたります。
ほかにねぷた合同運行等、盛り沢山のイベントがあります

  • りんご灯まつり
▲画像クリックで拡大


階上町


はしかみおもてなしエンジェル <時期:通年>

みちのく潮風トレイルを利用している方や歩いて階上町内を観光している方々に楽しく安心して歩いてもらえるようお手伝いをする人で、みちのく潮風トレイル沿線に位置する商店や食事処、個人の方々がエンジェルになっています。
エンジェルさんには3タイプあります。
①お立ち寄り(沿線に位置している商店や個人宅でトイレを貸してくれたり休憩できたりします)
②ガイド(階上岳や階上海岸をガイドします)
③体験(陶芸や農家民泊など、旅の途中の思い出づくりをお手伝いします)

  • はしかみおもてなしエンジェル
  • はしかみおもてなしエンジェル
▲画像クリックで拡大


十和田市


<時期:2016年7月15日~8月28日の日曜日の8時台>

休屋⇔休屋、休屋⇒子ノ口の十和田湖遊覧船乗船者に対し、休屋地区の有志がお見送り。

▲画像クリックで拡大


むつ市


恐山街道観音・地蔵尊衣替えと清掃奉仕

むつ商工会議所女性会では、恐山へ観光や参拝で訪れる方を気持ちよく迎えたいという思いで、昭和60年から毎年、恐山街道観音・地蔵尊衣替えと清掃奉仕を行っております。今年も、恐山大祭前に恐山大湊参道沿いにある観世音菩薩や地蔵尊33体の古い頭巾と前掛けを新しい物に交換し、周囲の清掃等を行いました。

  • 恐山街道観音・地蔵尊衣替えと清掃奉仕
  • 恐山街道観音・地蔵尊衣替えと清掃奉仕
▲画像クリックで拡大


下北駅でお出迎え! <時期:2016年7月22日>

7月22日、大湊線を利用してむつ下北地域にお越しになった方のお出迎えを、白百合保育園の園児・下北地域県民局・大間町・JRバス・津軽海峡マグロ女子会の皆さんとともに行いました。

  • 下北駅でお出迎え!
▲画像クリックで拡大


みなとオアシスおおみなとsea festa <時期:2016年7月16日>

昨年、「みなとオアシス」に認定された大湊地区において物販やステージイベントなど行い、誘客を図る。



下北駅前歓迎イベント <時期:2016年7月1日>

地域住民を巻き込み、横断幕や手旗により下北駅で降車する観光客をお出迎えする。

※DC期間中、スポット的に下北駅でのお出迎えを実施予定

  • 下北駅前歓迎イベント
▲画像クリックで拡大


佐井村


観光うちわの配布 <時期:DC期間中>

観光船乗客などに観光うちわの配布
※スポット的にゆるキャラ「うんたん」により観光船乗り場やアルサスでお出迎え



函館市


3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー

○場所  JR函館駅
○実施日 3/26・27(※幕末衣装隊は4月毎週土日)
○主な内容
北海道新幹線が開業した3月26日,JR函館駅で北海道新幹線からアクセス列車「はこだてライナー」に乗り換えて来た乗客に対し,幕末衣装隊や函館市民100人らが到着セレモニーを行った。到着ごとに,一斉に「ようこそ函館へ」と声を掛け,旗をふったり,函館PRグッズなどをプレゼントしたり,郷土芸能の函館巴太鼓を演奏しながら観光客を出迎えた。

  • 3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー
  • 3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー
  • 3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー
  • 3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー
  • 3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー
  • 3/26・27「ようこそ函館へ」JR函館駅で函館市民ら約100人が歓迎セレモニー
▲画像クリックで拡大


函館市町会連合会が「まちなかコンシェルズ」活動を実施

○実施日 開業日以降
○主な内容
新幹線開業で多くの観光客が函館に訪れる中,約8万世帯,約15万人の市民を束ねる町会連合会が,率先しておもてなしの心を示さなければと,市民が気軽に観光客の相談に乗る「まちなかコンシェルジュ」活動を実施。町会員が普段の外出時に,観光客に困り事はないか声かけし道案内をしたり地域の歴史を説明したり,市民それぞれが自分のできる範囲でおもてなしの輪を広げていこうという取り組み。



大型連休中 五稜郭で函館市民有志が幕末衣装でお出迎え

○場所  五稜郭(五稜郭公園内の函館奉行所前)
○実施日 大型連休中(4/29~5/8)
○主な内容
幕末の衣装に身を包んだ函館市民有志による「五稜郭おもてなし隊」が五稜郭公園内の函館奉行所前で観光客をお出迎え。土方歳三や榎本武揚やペリーなど幕末の函館にゆかりの深い8人の歴史上の人物に扮し,観光客の記念撮影に応じたりするなど観光客をもてなした。

  • 大型連休中 五稜郭で函館市民有志が幕末衣装でお出迎え
▲画像クリックで拡大


北海道 知内町


青函トンネル出入口のまち知内町
北海道新幹線開業 歓迎セレモニー北海道新幹線 <時期:2016年3月26日(土)>

 湯ノ里地区萩茶里橋周辺で、本州と北海道を結ぶ北海道新幹線の開業を祝う歓迎セレモニーが行われました。青函トンネルを抜け、北海道に顔を出す歴史的瞬間に立ち会おうと、町内の小中学生や町民、全国から集まったファンなど約350人が東京始発の第1便「はやぶさ1号」を歓迎しました。
10時40分頃、青函トンネルを抜け、北海道新幹線が顔を出すと小旗や大漁旗を一斉に振り、「来た!」「ようこそ!」などと新幹線を歓迎する多くの声が聞こえてきました。新幹線が通過すると、感想を話す人や撮影した写真をチェックする人など、それぞれのかたちで北海道新幹線上陸の瞬間を振り返っていました。
また、横断幕や小旗、アドバルーンなどの歓迎を受け、列車内の乗客や運転手が手を振り返す姿も見られました。
 当日は、セレモニー開始前から多くの人が集まり、午前7時台に通過する「はやて91号」を早朝から待つ人も見られ、町内は一日中祝賀、歓迎ムードに包まれました。

  • 青函トンネル出入口のまち知内町北海道新幹線開業 歓迎セレモニー北海道新幹線
  • 青函トンネル出入口のまち知内町北海道新幹線開業 歓迎セレモニー北海道新幹線
▲画像クリックで拡大


北海道 七飯町


第107回大沼湖水まつり
第1回千の風音楽祭in大沼 <時期:2016年7月23日~24日>

 第107回大沼湖水まつり(23日)
大沼湖水まつりは、地元住職が灯ろうを湖面に流し、湖の水難者を供養したことが始まりでした。毎年行われる慰霊祭では、水難者、新亡者、先祖供養、ペット供養を執り行い、梅花講(ばいかこう)が唱えるご詠歌(えいか)に送られながら供養灯ろうを湖上へと流します。その他、大沼湖上に打ち上がる花火大会やご家族みなさまでお楽しみいただける各種催しが行われます。

第1回千の風音楽祭in大沼(24日)
名曲「千の風になって」の生誕の地である大沼。今年は北海道新幹線の開業を記念し、大沼湖水まつりをモチーフとして「第1回千の風音楽祭in大沼」を新井満さんプロデュースにより開催します。大沼の大自然の中で音楽とともに心地よい時間を是非お楽しみください。

  • 第107回大沼湖水まつり
  • 第1回千の風音楽祭in大沼
▲画像クリックで拡大


ようこそ新幹線!大沼公園北海道新幹線歓迎イベント <時期:2016年3月26日~27日>

 北海道新幹線開業日に、和太鼓演奏、こどもよさこい、歓迎の想いを叫ぶ大声大会、H5系ミニ新幹線の運行など、新幹線の開業を祝い、歓迎するイベントを開催した。
 JR大沼公園駅前では、列車到着時に七飯町観光PRキャラクター「ポロトくん」「ポントちゃん」とともに、記念品(紅白ワインセット、2色だんご、缶バッジ等)を配布するとともに、手旗を振り、お客様を歓迎した。

  • ようこそ新幹線!大沼公園北海道新幹線歓迎イベント
▲画像クリックで拡大


北海道 木古内町


きこない咸臨丸まつり2016 <時期:2016年8月15日、16日>

 初の太平洋横断を成し遂げるなど、幕末に活躍した咸臨丸。
咸臨丸は、木古内町のサラキ岬沖で座礁、沈没し、現在も木古内の海に眠っています。
その咸臨丸をテーマに咸臨丸パレードをはじめとする、様々なイベントで真夏の木古内を盛り上げます。

  • きこない咸臨丸まつり2016
▲画像クリックで拡大


その他


中南津軽まちあるき博覧会2016 FUKAGU-ASAGU
<時期:2016年9月1日(木)~30日(金)>

 弘前観光コンベンション協会や弘前市、県観光連盟などで構成する「津軽・ひろさき街歩き観光推進実行委員会」は、新たに黒石市、平川市、大鰐町、藤崎町、田舎館村、西目屋村の6市町村を加え、「津軽まちあるき観光推進実行委員会」を立ち上げました。
 実行委員会では、「日本一まちあるきが面白い青森県!」を目指す第一歩として、中南津軽地域のまちあるきコンテンツを集約し、各市町村をパビリオンに見立て、中南津軽地域のディープな街歩きをギュッと詰め込んだ「まちあるき博覧会」を開催することとしています。
 このほか、県内の街歩きガイド同士のネットワーク構築や案内スキルを学ぶ場を提供するなど、街歩きムーブメントの牽引役として取り組みを進めることとしています。

  • 中南津軽まちあるき博覧会2016 FUKAGU-ASAGU
  • 中南津軽まちあるき博覧会2016 FUKAGU-ASAGU
▲画像クリックで拡大

津軽鉄道 客車展示・夜汽車運行 <時期:2016年6月4日>

 津軽鉄道では、青森県・函館DC特別イベントとして同鉄道の客車展示・夜汽車運行などを実施されました。6月4日は、奥津軽いまべつ駅と津軽中里駅を結ぶ連絡バスのお客様をお出迎えするため、DCマスコットキャラクター「いくべぇ」が伺わせていただきました。
 当日は津鉄キャラ「つてっちー」や弘南鉄道「ラッセルくん」、中泊町「いかりん&マイケル」と共に観光客の皆様をお出迎え、お越し頂いた感謝の気持ちをお伝えしました。津軽中里駅内でも記念撮影タイムを持たせてもらい、地元の皆様ともふれ合う時間をいただきました。

  • 津軽鉄道 客車展示・夜汽車運行
  • 津軽鉄道 客車展示・夜汽車運行
▲画像クリックで拡大


ページトップへ